安全運転推進協会

一般社団 法人安全運転推進協会

よくある質問

個人で受検する方個人で受検する方

詳しく教えてください。
まずは安全運転能力検定概要をご覧ください。
運転免許との違いは何ですか?
運転免許は、運転できる資格を持っているに過ぎず、実際に安全運転できるかどうかは証明できません。企業は「運転免許を持っている」ではなく「安全運転できる」人を必要としています。安全運転能力検定は、安全運転力を客観的に証明できる唯一の検定です。
どのような人が受検しているのですか?
企業に就職したい学生や転職活動を有利に進めたい社会人の方など、様々な方が受検しています。特に、安全運転できる学生を求める企業が急増しているため、そのような企業に就職したい学生の受検が多くなっています。また、法人向けの検定は、様々な企業に受検していただいています。受検企業一覧はこちらをご覧ください。
合格したらどのように使えるのですか?
履歴書の資格欄に「安全運転能力検定2級合格」等と書いてアピールすることができます。また、面接で「安全運転できますか?」と聞かれた際に、ただ「できます」と答えても企業は信用しませんが、「安全運転能力検定に合格しています」と答えられることで、客観的に安全運転力を証明でき、就職活動でアピールすることができます。
企業にどのようにアピールすれば良いのですか?
履歴書の資格欄に書いてください。面接時には、例えば、社会ルールを守る大切さ、きちんとした性格であることを伝えるときに、安全運転能力検定に合格していることを伝えるなど、あなたらしく、PRしてください。
3級(オンライン)合格でもアピールできるのですか?
もちろん履歴書に書けます。また、面接でアピールすることもできます。ただ、3級よりも2級合格の方が信頼性は高く、企業からより高く評価されるようになります。3級を合格したら、ぜひ2級も受検することをお薦めします。
どのように勉強すれば良いのですか?
運転技能については、実際に運転しながら、車両構造や運転操作、車両の走行イメージを掴んでください。また、安心&安全に運転技能を練習できるペーパードライバー研修を事故なき社会㈱にて行っています。

交通法規や運転行動については、当協会で推奨している参考書を見ながら学習してみてください。また、当協会では検定後、学習のための講義も行っており、間違いが多い問題や重要な問題を中心に解説しています。確実に2級に合格したい方は、ぜひ講義も受講してください。

法人で受検する方法人で受検する方

詳しく教えてください。
まずは安全運転能力検定概要をご覧ください。
どのように使えば良いのですか?
お客様のニーズに合わせて、様々な用途で使っていただいております。
・採用時の筆記試験に取り入れることで、安全運転できる学生を客観的に見極めるためのツールとして
・内定者研修等で内定者に受検してもらうことで、入社までに運転練習を促す客観的な判断材料として
・新人、中途入社、異動者等に受検してもらうことで、運転業務をしていいかどうかの客観的な判断材料として
・研修や講義等の前に受検することで、個々の運転の課題が明確になり、研修や講義の効果を高めるためのツールとして
・研修や講義等の後に受検することで、研修や講義の内容を再認識するための確認テストとして
・年に1回、毎年受検することで、社員様の安全運転に対する意識向上のきっかけとして
・交通事故リスクが高い、安全運転ができない社員を抽出し、リスクヘッジの手段として
・BCP(事業継続計画)、企業コンプライアンス、ブランドイメージ向上等のためのアピール手段として
筆記試験で実際の運転が測れるのですか?
安全運転の専門コンサルタントが同乗し、実際の運転を「危険」「普通」「安全」と判定した結果と検定の点数を分析したところ、有意な結果が得られています。 また、実際に受検していただいた企業様からも「事故を起こした、運転が危ない人は点数が低い」というお声をいただいております。 詳しくはこちらをご覧ください。
どのように勉強すれば良いのですか?
運転技能については、実際に運転しながら、車両構造や運転操作、車両の走行イメージを掴んでください。
また、安心&安全に運転技能を練習できるペーパードライバー研修を事故なき社会㈱にて行っています。
交通法規や運転行動については、当協会で推奨している交通法規や運転行動については、当協会で推奨している参考書を見ながら学習してみてください。

また、当協会では学習のための講義も行っております。
・検定の前の講義:受検に向けて、安全運転に必要な知識や理論を中心に講義します。
・検定の後の講義:検定の結果を基に、間違えた問題、重要な問題を中心に講義します。
お気軽にお問い合わせください。

3級(オンライン)受検について3級(オンライン)受検について

詳しく教えてください。
まずは3級オンライン検定をご覧ください。
3級(オンライン)合格でもアピールできるのですか?
もちろん履歴書に書けます。また、面接でアピールすることもできます。ただ、3級よりも2級合格の方が信頼性は高く、企業からより高く評価されるようになります。3級を合格したら、ぜひ2級も受検することをお薦めします。
運転免許との違いはなんですか?
運転免許は、運転できる資格を持っているに過ぎず、実際に安全運転できるかどうかは証明できません。企業は「運転免許を持っている」ではなく「安全運転できる」人を必要としています。安全運転能力検定は、安全運転力を客観的に証明できる唯一の検定です。
どのような人が受検しているのですか?
企業に就職したい学生や転職活動を有利に進めたい社会人の方など、様々な方が受検しています。特に、安全運転できる学生を求める企業が急増しているため、そのような企業に就職したい学生の受検が多くなっています。また、法人向けの検定は、様々な企業に受検していただいています。受検企業一覧はこちらをご覧ください。
合格したらどのように使えるのですか?
履歴書の資格欄に「安全運転能力検定2級合格」等と書いてアピールすることができます。また、面接で「安全運転できますか?」と聞かれた際に、ただ「できます」と答えても企業は信用しませんが、「安全運転能力検定に合格しています」と答えられることで、客観的に安全運転力を証明でき、就職活動でアピールすることができます。
企業にどのようにアピールすれば良いのですか?
履歴書の資格欄に書いてください。面接時には、例えば、社会ルールを守る大切さ、きちんとした性格であることを伝えるときに、安全運転能力検定に合格していることを伝えるなど、あなたらしく、PRしてください。
どのように勉強すれば良いのですか?
運転技能については、実際に運転しながら、車両構造や運転操作、車両の走行イメージを掴んでください。また、安心&安全に運転技能を練習できるペーパードライバー研修を事故なき社会㈱にて行っています。

交通法規や運転行動については、当協会で推奨している参考書を見ながら学習してみてください。また、当協会では検定後、学習のための講義も行っており、間違いが多い問題や重要な問題を中心に解説しています。確実に2級に合格したい方は、ぜひ講義も受講してください。
認定証が欲しいのですが、どうすれば良いのですか?
合格された方にメールでお送りしております。また、facebook・twitter・ブログでシェアしていただいた方には、オリジナルステッカーとTeam Safety Japanメンバーズカードをご自宅へお届けしております。

Facebook