安全運転推進協会

一般社団 法人安全運転推進協会

安全運転能力検定概要

安全運転能力検定とは?

運転免許とは別に、筆記試験で社員の安全運転力(どれくらい安全運転ができるか)が判断できる検定です。安全運転に必要な知識を、運転技能・交通法規・運転行動の観点から評価します。

運転技能

車両特性や運転操作の知識、車両の走行イメージに関する知識

交通法規

道路交通法など安全運転に必要な標識や信号等の知識、 飲酒運転など企業のリスク管理において必要な知識

運転行動

安全運転に必要なKM理論の知識、各運転シーンにおける空間確保や確認方法などの知識

試験の信頼性

  • 免許未取得者を教育する熟練指導員、免許取得者を教育するコンサルタント等が集まり一問ずつ検討しながら問題を作成。
  • 延べ100名以上の一般ドライバーに問題を解いてもらい、正答率等を確認しながら修正、取捨選択を繰り返す。
  • 代表理事松永勝也(九州大学名誉教授)が、過去の研究結果等に基づいて問題を精査、監修。
  • 専門コンサルタントが同乗して実際の運転技能、運転行動を確認しながら、試験結果との整合性を精査。

このような方におすすめです

就活中、もしくは就活を控えた学生の皆様

イメージ

今、企業が採用したいのは、運転免許を持っている人でなく、安全運転できる人。履歴書の欄に「安全運転能力検定合格」と書くことで、あなたの安全運転意識の高さ、スキルの高さが企業に伝わります。さあ「安全運転能力検定」に合格し、入りたい会社に確実に評価されましょう。

詳細はこちら

法人の皆様

イメージ

1つの事故のために長年築き上げた企業の信頼は一瞬で崩壊。社員の生命、賠償にかかる費用等、失うものの大きさは計り知れません。こうしたリスクを防ぐためには、安全運転能力検定を活用して「安全運転できる人を採用する」「課題を明確にして教育する」ことが重要です。

詳細はこちら

詳しくは受検日・実施要領をご確認ください。また、筆記試験の例題はこちらをご確認ください。
また3級オンライン受検も実施しております。無料にて実施しておりますので、興味のある方は是非お試しください。

安全運転に取り組む企業・団体・個人

安全運転能力検定を受検した方は、Team Safety Japanメンバーの一員となります。Team Safety Japanには、様々な企業・団体・個人が参加しています。詳細は安全運転に取り組むメンバー一覧をご確認ください。

Team Safety Japan

安全運転推進協会3級オンライン受検

例題はこちら

Facebook