安全運転推進協会

一般社団 法人安全運転推進協会

自転車を運転する場合も重大な責任があります。

自転車による交通事故が後を絶ちません。毎年、自転車が歩行者を跳ねたり、自転車同士で衝突したりする事故が5,000件以上起こっています。

そこで、次のようなことが、特に問題となっています。

①自動車の事故に比べ、物的証拠などが乏しく、当事者同士の言い分が食い違い、公正な解決ができないケースが多い。

②自動車のように保険加入が義務づけられていないため、事故による賠償の仕組みが整っていない。

何れにしても、法環境の整備だけでなく、運転者の意識を高めていくことも重要です。

安全運転推進協会では、自転車の交通事故防止にも力を注いでいきます。

 

■自転車事故「二重の苦しみ」家族を失った衝撃と乏しい証拠(神奈川新聞2014.09.05)

関連リンク:http://www.kanaloco.jp/article/77185/cms_id/99902

Facebook